相続での土地の名義変更と確定申告

親や家族等が亡くなって不動産を相続することが誰にでも起こりえますが、もしそうなった場合土地の名義変更などにはどのような手続きが必要なのでしょうか。

不動産などを相続した場合、相続不動産の相続登記が必要になってきます。

司法書士に手続き等をお願いするケースでは司法書士の報酬と登録免許税、登記事項証明書所得にかかる費用などがあります。

司法書士に手続き等を行ってもらう場合、不動産名義変更お任せ一括パックなどがある所もあるのでその費用に約5万円位かかります。

戸籍等の必要書類を揃えてもらうこともできますがこれには1万5千円以上の別途費用がかかります。

自分で土地の名義を変更する場合は司法書士費用はかかりませんが時間と手間がかかります。

登録免許税はその不動産の固定資産税評価額の0.4%程ですので1000万円の不動産の税額は4万円ということになり登記事項証明書所得にかかる費用も自分で名義変更をしたとしても税金や手続き費用ですから必ず必要になります。

このような手続きにより土地を相続した場合、自分の資産が増える場合確定申告が必要になります。

これは、相続した不動産などから債務、葬式費用、非課税財産を差し引いて、遺産額を出した金額により変わってきます。

色々なケースがある為、不動産などを相続しても債務等を引くとマイナスになることもあり、このような場合相続放棄をすることがあるのでこうなると確定申告は必要なくなります。

債務や不動産や預金等の遺産額の計算など専門的な知識が無いと自分が損をしてしまう事もあるので司法書士さん等にお任せし、税金の計算や確定申告などは税理士さんに相談するのも確実に間違いなく相続する為の手段の一つとなりますので多少費用がかかっても考えてみてください。

特に、複数の法定相続人等がいる場合、不動産売却をしないと相続税の支払いなどができないこともあります。

さらに、土地が複数ある場合は別ですが一つの土地を分筆して共有者となることもあります。

そのようなケースですと遺産分割協議などで揉めることも考えら名義変更登記などがややこしくなりますので自分で行うのは難しくなります。

また、土地を販売してすぐに売れればいいですが、なかなか売れないということもあります。

相続財産を円滑に配分し相続発生から3年以内に手続き等をしないといけませんので注意しましょう。

相続税申告パックなどもありますのでそのようなものを活用すると良いでしょう。

Comments are closed.