土地の名義変更費用と相続税

親や親戚など亡くなった場合、不動産を遺産相続する場合がありますが、相続人が一人の場合揉めることもなく粛々と手続きをすればよいものの、相続人が何人もいる場合は相続分の不動産等をどのように配分するかによって揉めることも多々あります。

特に親の遺産を相続する場合兄弟姉妹などで長男が親と同居しており親と一緒に暮らしていた土地等に家を建てて住んでいた場合、遺言書などがちゃんとあって自宅とその土地の権利は長男の所有だということが書かれていないと兄弟姉妹が自分たちの遺留分を主張して住んでいる土地建物に関して裁判沙汰になることもあるのです。

こうならない為にも親は元気なうちに遺言書の作成や生前贈与の方法、贈与税の対策を考えておかなければならないのですが、急な事故などで亡くなった場合などは準備が全くできていない事も多いです。

そんな時、皆が納得した形で遺産相続を行う為には第三者にお任せするのが一番良いです。

不動産の名義変更や登記申請、相続などの相談は司法書士等にお願いするのが最も効率的です。

司法書士は、様々な事例の案件を処理してきているのでまずは相続財産がどれくらいあるかという事を計算し、相続人の数で割ります。

面倒な相続税等の計算や相続手続き、登記手続きも司法書士におまかせするのがよいでしょう、相続登記おまかせ一括パックというのもありますので、兄弟姉妹が多い場合等はこのようなパックを利用しましょう。

お父さんが無くなったケースでは、法定相続人の順序からいうと奥様が生きていらっしゃるとこの時点で相続財産の半分は奥様の財産となります。

それ以外の財産を子供の数で割りますが、お子様が3人いらっしゃれば2分の1の財産を3等分ということになります。

お子様がいない場合はお孫さんにという事になります。

そのような方もいない場合は亡くなった方の親や兄弟姉妹ということになります。

相続財産の不動産を分けるという事になったら相続人全員の了解が必要になります。

遺産分割協議書にどのように配分するという事を明記してからとなりますが一人でも反対していると先へ進みません、司法書士さんがいればこのような事になることも少ないです。

ほとんどの場合奥様や長男長女などが相続人代表となり司法書士と話しあいながら土地の名義変更等をおこなっていきます。

不動産の固定資産評価額が高い場合は相続税でかなり高額の納税をしなければならないこともあります、土地をいくらか処分して納税する場合等も節税できる場合もありますので専門家のアドバイスを受けるようにして下さい。

Comments are closed.