離婚による財産分与における土地名義変更について

離婚をすることになると、発生してくる問題の一つに財産分与があります。

今まで夫婦で住んでいた住居に関わる土地を名義変更する場合には、夫婦共有名義になっている土地を、どちらか一方に財産分与して土地名義変更をしたいという場合と、元配偶者の単独名義になっているものを相手方に土地名義変更したいという場合があります。

そのときに発生する問題としては、ローンが残っている場合です。

通常、ローンが残っている状態で土地名義変更をしようとしても、そう簡単に変更することはできません。

多くは、ローンを組む場合に、土地は担保になっていることが多いからです。

そのため、財産分与によって土地名義変更をしたいという場合で、ローンが残っているという場合には、借り入れをしている金融機関と話し合いをし、ローンについての決着がついてから、土地名義変更をする必要があります。

Comments are closed.