売買による土地名義変更について

売買による土地名義変更は、贈与や相続による土地名義変更と違って、そんなに難しいものではありません。

売主側は、権利書や印鑑証明、実印、固定資産税評価証明書がそろっていればかまいませんし、買主側も住民票や認印があれば、法務局への申請だけで、土地名義変更が可能となります。

そこで気になるのが、親族間での場合、売買による土地名義変更をした場合と、贈与による土地名義変更をした場合のどちらが節税になるかということがあります。

贈与税は高いと言われていますが、基本的には、売買よりも贈与の方が支払う金銭は抑えることができるといわれています。

ただしこの時に注意しなければならないのが、親族間で土地を売買する場合、適正な価格が付けられたかということがあります。

それによって、売買か贈与か、見なされ方が変わる場合があるので、意図に反する結果にならないよう、気を付ける必要が出てきます。

Comments are closed.