相続による土地名義変更について

相続による土地名義変更に関わる書類は、遺言書の有無によって変わります。

遺言書がない場合に相続によって土地名義変更をする場合、相続人全員で話し合いをして誰の名義にするか決めたという証明書が必要になります。

これが、「遺産分割協議」と言われるものです。

この遺産分割協議が行われ、誰が相続する名義人になるかが決まったら、「相続人全員で協議した」という文言を入れ、かつ「登記事項証明書」が書き写されている「遺産分割協議書」なるものを作成しなければなりません。

そしてこの遺産分割協議書を持って法務局に行き、そこで変更が認められれば、土地名義変更がなされます。

その他、相続人全員の印鑑証明や、亡くなった方の出生から死亡までのすべての戸籍謄本なども必要となります。

相続による土地名義変更では、複雑な書類が必要なので、わかりにくいものとなっています。

そもそも名義変更自体がなかなか行う事ではありませんので、どういったものが必要なのか、というのは不明点だらけの方が殆どと思われます。

もしご自身がそういった状況になったらまずは専門家に相談する事をおすすめします。

専門家は必要な書類やものごとを全て把握していますので例え自分がわからないことだらけであってもスムーズに必要な作業を進めることができるのです。

Comments are closed.