贈与による土地名義変更について

相続や売買以外で土地の名義変更をした場合が、贈与による土地名義変更です。

贈与となる基準は、年間総額110万円相当以上のものを受け取った場合となります。

もし親子など親族の間で贈与する場合には、予想される土地の売買価格の8割の価格で算出されますし、親族以外の場合は、時価の半値を割る場合には贈与とみなされます。

以前は、相続による土地名義変更をする場合には相続税が課税されるので、生前贈与をしておいた方がいいと言われたものですが、今では贈与税というものがあり、贈与とみなされたものに関しては相続税と同等もしくはそれより高いくらいの税金がかかるように法が改定されました。

ただし、贈与税には「おしどり特例」と言われる贈与税の配偶者控除の特例があるので、それが適用される場合には、贈与による土地名義変更をしても税金はかかりません。

贈与による土地名義変更も、贈与を決定したら速やかに行うことをお勧めします。

Comments are closed.